月別アーカイブ: 2016年6月

いよいよ参議院選挙

いよいよ参議院選挙です。
今回の参議院選挙では、アベノミクスと改憲が大きなテーマーになるでしょう。
また、18歳からの選挙権となった初めての国政選挙という事で注目しています。
本日のニュースでは、自民35%、民進12%支持と報道していました。
なんか、これだけ見ると、自民圧勝じゃんと思ってしまいましたが、額面通り見てよいのか疑問です。
決めていないもしくは、無党派が、約半分いるという事です。
接戦が多くなれば、無党派層のほとんどが、民進か共産に入れたという結果になりますから、自民党という政党は、本当に地盤が強く、組織票なんだと改めて認識しました。
事実、地方部ほど自民党が強いと言われていますからね。
コネクションや昔からある地元企業の影響力が強いですからね。
都市部では、ほとんど選挙ポスターを見ないのですが、それは、無党派層が多いからです。
また、非常に政治的関与の薄い人々が多いです。
それだけでなく、残念ながら選挙に行かない人の割合も多いです。
これは、若者に該当する顕著な傾向です。
アンケート結果では、18~20歳で選挙に行くと回答した人の割合は、約2割だそうです。
酒や煙草が駄目でありながら、選挙には行けるという不思議な法改正について、不思議に思っている人は、きっと多いことでしょう。
選挙に行くことは、義務ではなく権利ですが、今の若者を見ていると、勤労や納税同様、義務化が相応しいのかなとも思えてきます。
暑い夏に、若者が、選挙に行きたいと思える希望満ち溢れる日本の未来になって欲しいものです。
借金返済 シミュレーション