歯医者は歯磨き粉を使わない

この前歯医者さんに行った時に聞いたことですが、歯医者さんは歯磨き粉を使っていないそうです。
おそらく普通の人のほとんどが歯磨きをする時には歯磨き粉を歯ブラシにつけて
磨いていると思うのですが、歯磨き粉の中には人間の体に有害な物質が含まれていたり、
歯磨き粉の泡立ちによって歯磨きの効率を悪くしてしまったり、綺麗にできていないのに
磨けて綺麗になっているという感覚に陥ってしまうからなんだそうです。
歯医者さんに言わせれば、歯磨き粉を付けなくてもしっかりとしたブラッシングが
できていれば虫歯などのリスクはそんなにないみたいです。
しかし、歯磨き粉を使って磨いた気になってしまっているので
実際には汚れが残ったままの状態でいることによって虫歯になったり、
歯に着色汚れが溜まってしまったりするのだそうです。
昔から歯磨きをしても実際にはそんなに磨けていない人が多いということは
聞いたことがあったのですが、まさか歯磨き粉を使わない方がいいと意見は
初めて聞いたので少し驚いている今日この頃です。
でも確かに歯磨き粉の泡立ちがないと磨いている気がしないと思いますね。
皆さんも一度は確認してみてはいかがでしょうか?
発泡剤や研磨剤なしの歯磨き粉のメリットデメリット